田舎暮らしの自由人が資産1億円を目指すストーリー★私の成功哲学

日経225オプションとは?資金100万円で挑戦!YouTubeアドセンスと投資を駆使し、不労所得で億万長者を目指す田舎暮らしの自由人ブログ!真剣にお金持ちになることを目指し、ビジネスと投資に日々奮闘しています!

YouTubeのビデオランクが低くなる原因とは?

time 2015/09/19

YouTubeのビデオランクが低くなる原因とは?

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

今日のテーマは

『YouTubeのビデオランクが低くなる原因とは?』

です。

ビデオランクを上げる方法

ビデオランクが低く設定されてしまうと

検索表示が2ページ目や3ページ目になってしまいます、、

そうなると、

もうそのビデオは

『無いの同じ!』

になってしまいます。

せっかく作ったビデオが

誰にも見てもらえなくなってしまいます。

ビデオランクは、再生回数を獲得する上で

非常に重要なことなので、

是非最後までお付合いください。

◆ビデオランクを下げてしまう原因

・スパム的なコメントが多い

・説明分(ジャンルと関連性のないワードやタグが多い)

・通報数(通報が多く寄せられるとチャンネル削除されます)

・バッド数が多い

・視聴時間が短い

以上のことが多い動画やチャンネルは

YouTubeから質の悪い動画と判断されてしまいます。

視聴回数が多い=良い動画

ではないということになります。

視聴回数を上げるため、

『サムネイル』『タイトル』だけに力を入れても

中身の伴わない動画は

すぐに消されてしまうことになります。

そうなると、ビデオランクが低くなり、

再生回数が増えなくなってしまいます。

視聴時間が短い=価値がない

という判断をされてしまいます。

YouTube側からすれば、

どれだけ長い時間YouTube内に

とどまってもらうかが最重要課題です。

となると、視聴時間の長い動画は

YouTubeに貢献しているということになります。

そして、ビデオランクを高くし

視聴者の目に付きやすくしてくれるということです。

YouTubeを見ていると、

まだまだクオリティーが低いビデオが多いので

視聴者目線に立ち動画を作成すれば

視聴者は正し評価をしてくれます。

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

down

コメントする




CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。