田舎暮らしの自由人が資産1億円を目指すストーリー★私の成功哲学

日経225オプションとは?資金100万円で挑戦!YouTubeアドセンスと投資を駆使し、不労所得で億万長者を目指す田舎暮らしの自由人ブログ!真剣にお金持ちになることを目指し、ビジネスと投資に日々奮闘しています!

YouTubeのチャンネル登録者を増やす戦略

time 2015/09/10

YouTubeのチャンネル登録者を増やす戦略

こんにちは。

いつもブログを読んで頂き

本当にありがとうございます。

今日のテーマは

『チャンネル登録者を増やす戦略』です。

この方法を理解することで、他のライバルと争うことなく

完全に一人勝ち状態になります。

長期的に安定して不労所得を得ることが

できるようになります。

是非最後まで、お付き合いください。

YouTubeで長期的に収益を得るためには

どんなジャンルでどんな人に見てもらうのかを

明確にする必要があります。

ジャンルを選定するにあたり、

とても重要なことがあります。

それは、『ニッチ市場に絞り込む』

ということです。

◆ニッチ市場に絞り込む戦略

①強い競争相手がいなくなるまで、対象顧客を絞りこむ。

誰でもいいから見てほしいは、

視聴者から見ればあなたのチャンネルがどんなコンセプトで

運営しているのかがまったく見えなくなります。

心理学の世界でもあるのですが、

『誰か助けてください!』は

たくさん人がいると、誰も助けてくれません。。

しかし、そこのメガネを掛けた青い服を着た

あなた助けと言ったら、、

自分のことだと分かるかので、

必ず助けてくれるということです。

世の中はそんなものです。

②ビジョンを実現する程度の市場規模はあるか?

ニッチ市場に絞り込むということは

自分のところが強くなる、

大きいところに負けないというのが前提です

ニッチだから、とても小さい市場で

『競争相手がいなくなったぞ!』っと言っても

まったくアクセスがない状態。

それでは、意味がありません、

たとえば、

ロッキー山脈に生息するシロイワヤギとう動物は

標高2500~3000mの断崖絶壁ところに住んでいます

冬になったら、マイナス20~30度当たり前です。

なので天敵のコヨーテなどが、まったく上がってこないんです。

ほんの少しだけ高山植物が生えるので、

自分たちが食べるには、十分なんです。

それがニッチなんです、

住み分けができているということです、

ナマケモノもそうです、

決して強くないですが高い木の上にいますので、

天敵があんまりいません。

木の上は食べ物が少いなので、

消費カロリーを少なくするため、動きをゆっくりにしています。

あんなに動きがスローでも絶滅危惧種に入っていません。

これがニッチな発想、

住み分けだと思ってください。

これは、チャンネル運営するうえで同じことが言えます。

YouTube上には、無数のジャンルのビデオがあります、

チャンネル登録者数が多いチャンネルというのは

その数だけ、ファンを獲得しているということです。

強いチャンネルということです。

その強いチャンネルと同じことをしても

勝ち目はありません。

強いところが入ってこようがない、

完全な差別化が必要です。

強いところとは絶対に戦わない

その強い人気チャンネルがやらない、

やりたくでも、絶対に手を出さないような

ニッチな市場を狙います。

誰に嫌われるかまで、明確になれば

必ずニッチ市場でナンバーになることができます!

今日はこの辺で。。

最後まで読んで頂き、

本当にありがとうございました。

down

コメントする




CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。